スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
今日でOPEN6ヶ月♪
夏のセール以来ずっと放置してしまってたこちらのブログですが、今日でお店OPEN半年です。
少しずつですが、お買い上げありがとうございます。

新商品は先月こちらで宣伝もせず にアップしてあります。
南仏の植物モチーフの手作り陶器と木のスプーン(カトラリー)

南仏の陶器は近所のお店で初夏に見て一目ぼれして、少しフランス人オーナーから分けていただきました。

こちらは秋冬にぴったりなオリーブ柄



このラベンダーに一目ぼれ〜もちろん私も使ってます♪

lave

ネットの画面で見るより、実物のほうが素敵だと思います。
私も最初ネットで見たときは購入する気そんなになかったのに、
見に行ったら、陶器の割に軽いし、素敵な柄で欲しくなってしまいました。



ll



木のカトラリーは以前から自分で100均のを使っててとてもいいので
かわいい北欧モチーフのものを仕入れました。これもずっと春から思ってた♪

woodwood

無地もあります。


こちらのメーカーは対応がとても早く、商品もすばらしくとっても良い会社でお奨めです☆
今度ちゃんとご紹介しますね〜

木のカトラリーは温かい物が冷めにくく、冬にとてもおすすめなんですよ☆
口当たりも柔らかで、南仏陶器にぴったりです。
逆にシルバーやステンレスは合わないと思う。

お安いので是非ご一緒にお求めくださいね。サキ
| らむ | 商品のこと | 19:06 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
期間限定サマーセール開催中!!
やるか迷ってたSALEですが、期間限定でちょっとだけ開催します。
8月いっぱい、ポルトガル陶器とイヴのタオルが200円引き♪

最初で最後のセールになるかもしれないので、
この機会に是非どうぞ。

9月には元値になります。

アクセサリーもSALE中です。
| らむ | お店のこと | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
オランダのチーズカッター
最近ちょっとやる気が失せてる毎日なので、
今日はちょっとお店と違った話題をお届けします。

先日オランダのエダムチーズが賞味期限間近の半額になってたので、買ってみました。
560円が280円♪

いつもは外国産は高いので、チーズは日本の安いスライスチーズかカマンベールです。

しかし・・

エダムチーズ硬くて普通のバターナイフじゃ切れない・・・

そうだ!昔オランダで買ったチーズカッターがあったじゃない!!

ということで、初めて使ってみました。

これなんですのよ。



さすが、専用カッターだけあって、よく切れます。
この木のボードとセットで、アムスの空港で買ったんだけど、
確か2008年の旅行の前の2000年の帰国時だったような・・・
よくしまってあったもんだ。いくらだったか、全く覚えていません^^;

この丸い部分が磁石になってて、
カッターがくっついて落ちないようになってるんです。



これには驚いた!!
さすが外国のって、こういうとこがすごく機能的だよね。



このカッター、パンも切れます。
パン切りは別に持ってるけど、ちょっとした小さなパンならこれで充分♪

これは使えます。
今後活用します〜

オランダの小物も今度仕入れてこようかな〜
こんな機能的なもの、いいですよね♪







| らむ | お気に入り | 20:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
アクセス多くてびっくり!!
今日の昼前にお店のアクセス見て、あまりの多さにびっくり〜
最近お客様少ないなと思ってたので、尚更〜
今までにない多さ、そして殆どがポルトガル陶器の検索。
なんか紹介でもあった?
どっかで話題になったのかしら???

最近ちょっとお店やる気失せてたのですが、
頑張ろうかな。。。

でも多分間もなく夏休みとります〜

温泉行きたいの。。。
冬からずっと忙しかったので、骨休めです。。。

| らむ | ひとりごと | 18:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
フランスのタオルとの出会い
今年は蒸し暑いですね〜
もう世の中夏休みモードのようで、
仕入先はバカンスに行っちゃうし、訪問のお客様は少ないしで、
うちも8月休もうかな・・・なんて気になっちゃいますね^^;

新しく南仏陶器を入れる予定なんですが、9月になります。
でも近々素敵な商品入荷予定ですよ♪リラックマ

おつきさま

最近、フランスのイヴドロームのタオルの検索で来る方がとても多いです。
このタオル、夏にはさらりとしてとてもいいので、みんなわかってるのかな〜
それとも、どこかで紹介されたり話題になったりしたのかな??



私のフランスのタオルとの出会いは16年前の94年の初めてのイタリア・パリのツアーの時でした。
元々インテリアファブリックのメーカーに勤めてて、布物が好きだったので、
ツアーのお客がみんなブランド物のバッグなどをお目当てにしてる中、
私はデパートのインテリア売り場に直行しました。
で買ったのが、こちらのバスタオルのセット。



パリのプランタンのオリジナルです。
この時は他にはベッド関係の掛け布団カバーと枕カバーを買って帰りました。


このタオル、未だにへたれることなく健在です。
まあ、タオルは好きでいっぱいセット持ってて、季節ごとに替えるので年中使ってるわけではないけど、
それでもとても優秀な生地です。
やはり夏が気持ちいいので、最近また使い始めました。

元々タオルって欧米のもので、安ホテルなどで洗いざらしたものを何度も洗濯して使うのは常なので、
向こうのタオルは日本のふわふわ重視のタオルとは違うしっかりしたものです。
だから冬より夏向きだと思う。
安いホテルのタオルはある意味ではガサガサって感じもあるけどね。
それでも夏は気持ちいいと思う。

これは住んでたときにスーパーで買った安いタオルのセット



それからは、布物は向こうで買うのが主になって、
キッチン関係のランチョンマットやクロスから、ベッド関係まで
向こうのものをそろえるようになりました。


フランスの布ってしっかりしてて、とても優秀なんです。
旅行で2Wほどの滞在でも最近はアパルトマンを借りてるので、
シーツ類は向こうで買おうと探したりしてました。
でもベッド関係は結構サイズが難しいのです。
向こうとこっちじゃベッドメイクが違うし、ビニールに入ったシーツやカバーの形やサイズを把握するのは
結構大変です。
短い滞在時にそんなことをしてるのももったいなくなって、ここ数回は持参してます^^;


あと向こうでの生活に欠かせないキッチン関係の布物・・
私は元々音に敏感で、
コップや食器の音がガチャガチャするのはかなり嫌い・・・
なので日本でも一人でランチョンマットを必ず敷いて食事をしてます。

向こうのアパルトマンを借りて、食器とかは揃ってるけど、いつも足りないと思うのがそうした布なんだけど、
1枚素敵な布地があるだけで、食卓は華やかになるし、音もガタガタしなくなるし、いいことだらけ♪
ランチョンマットでなくても、お皿を拭くためのディッシュクロスでも、向こうのは厚手でしっかりしてるので、
ランチョン代わりに敷くだけで、お食事も素敵になりますよ♪


これ、今年のパリのアパルトマンでの食事風景


1週間の滞在だったので、毎日パスタ食べてました。
布物なかったので、エールフランスの機内で調達した紙ナフキン敷いてます^^;


日本人はあまり布に対しての愛着はないようですが、
ヨーロッパでは布の文化は欠かせません。
レストランで必ずテーブルクロスがかかってたり、
ちょっとした高級店では、紙ではなく布のナフキンが個々に置かれています。

私は行くたびにキッチン関係の小さい布物は買ってきてて、結構うちには枚数あるはず。
この撮影に使ってる布もそうです。↓


今度まとめてご紹介しますね。


今はまだうちのショップではタオルしか置いてないけど、
徐々に布物も増やすので、よろしくお願いいたします。


で、タオルのお話に戻ると。。。

今置いてるイヴ・ドロームのタオルは、私はピンクを使ってます。



これ、とっても上質なタオルなんですよ〜
感触もサラサラでありながら、柔らかい。
買ったお客様のお話だと、植物のラムズイヤーの葉っぱと感触が似てるといわれました。
あーー確かに^^♪クローバー

ここだけの話、デパートの定価より600円くらい安くしています。
デパートの方の話だと、枕カバーにもおすすめとか♪


なかなかフランスのタオルの良さ、口で言っても理解してもらえないのですが、
ホントに日本のタオルとは素材感が違うので、是非一度お試しください☆


あ、たまに吸い込まないタオルがありました。
数年前にフランスのどこかで買ったものです。



最近使ったら、なぜか吸水がよくない。。。
洗ってもダメみたい。。。
これこそ、枕カバーに使おうかな。。。


イヴのタオルはそんなことないので是非♪

ハート


| らむ | 商品のこと | 20:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
サンキャッチャーで光を拡散☆
6月の展示会で仕入れたサンキャッチャーをやっとアップししました☆
遅すぎ??
普通は仕入れたらすぐアップするよね。
私は買うとそれで満足しちゃうとこあって、
自分の買い物でも結構なかなか開けなかったりします。
なので、他に忙しかったので、後回し。
加えて、フォト撮りが難しくて、どう撮るか悩んでた・・・・

全7点、それぞれ一点ずつです。
ドイツからの輸入品で、一部スワロフスキー社製です。

スワロフスキーって知らなかったんだけど、
オーストリアのクリスタルガラスのメーカーだったのね〜

大きく分けて3タイプ

ワイヤーで一個をつるすタイプ



ワイヤーにたくさんつながってるガーランド


そしてフックでつながってるタイプ


お好きなデザインをお選びくださいね〜

ちなみに自分用に一個買いました。
さて、どれでしょう?^^

光があたると、キラキラ拡散して、部屋の床や壁に虹色を作ります。
風で揺れるたび、虹色もゆらゆら〜
今いっぱいあるので、ちと酔いましたわ^^;

なぜか動画がアップできないので、
静止画で





夏は飾ってるだけでも涼しげなクリスタルですが、
なんと夜も、部屋の光に当たってるからなのか?
キラキラ遠くから見ても光っています。きれい〜☆
夜空に輝く星のようです。☆
八ヶ岳で双眼鏡使ってみた、星の本当のきらめきに似てます☆


これは是非使っていただかないとわからないですね。
私もサンキャッチャーってこんなものなんだと初めて知った次第・・・

出来る光の色は同じ虹色カラーなので、
お好みのデザインを選ぶのがいいかと思います☆


| らむ | 商品のこと | 20:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
お嫁に出す日
今日もひとつ、ポルトガルの陶器がお嫁入りしました。
なんかね、日本で仕入れたものと違って、
ヨーロッパで買ってきたものを送り出すときは、いつも感慨深い寂しさを感じます。
うちの陶器を買ってくれるお客様は、わざわざ探してきて買ってくれるわけなので、
大事にしてくれるってわかってるんだけどね^^

気に入ってもらって、ずっと可愛がってもらえるといいな〜

先日展示会に行ったときに、ある会社の方が、消耗品がないと経営は難しい、というようなこと言ってたけど、
私はあまり消耗品は扱いたいと思ってない。
自分もずっと気に入ったものを長く使う性格で、
私が使ってる食器は、未だ20歳のときに揃えたNIKKOのボーンチャイナです^^;
もう20年以上、割らずに衰えもなく使っています。

だから、気に入ったものをずっと長く愛して、手元に置いてほしいな〜という感じです。

ハートニコ

| らむ | 商品のこと | 00:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
お礼状の作り方
商品に同送するお礼状でちょっと悩んでいます。
通常は納品書を同送するんでしょうけど、うちのお店では納品書は電子メールで代用しています。

大きな会社ではないので、そんなにビジネスちっくにはしたくないし、
かといって、個人ではないので、少しはフォーマルにしたいな・・と・・

今まではネットのお友達からのオーダーだったので、ラフに済ませてしまいましたが、
今回全くはじめましてのお客様の注文をいただいてて、どうしよう・・・て感じです。

どこかに頼んで作ってもらってもいいけど、
そんなにお金はかけられないし、それには時間もかかるし・・・

今まで自分がネットショップで買った商品についてきた納品書やらお手紙やらを見直して考えています。。。

うちのお店に合った感じのポストカードとかお礼状、レターヘッドなど作りたいとは思ってるけど・・・

お店のいろんことが確立するには時間が必要ですね。


お店専用の梱包材もまだ頼んでいません。
どんな注文が入るかわからないし、
自分の今後の仕入れの状況もいまいち読めてないので、
どれだけの大きさの箱をどれだけとっていいものやら???

今は家にある箱や袋を代用して送っています。
まだまだ素人ちっくなお店ですが、ご勘弁くださいませ。。。
少しずつちゃんと揃えるので、見守ってください。

| らむ | 配送など | 20:20 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
オランダとスペイン
そう、W杯の決勝ですよ、本日3時半から♪
みんな、どっち応援しますか?

オランダとスペイン、私ヨーロッパで一番好きな国2つなんです!!

西欧は殆ど行ったけど、正直どこも似たり寄ったりなんですよね。
建物やら教会やら・・

そんな中で、スペインは違った。別の文化や風景があって、とても興味深かった。
乾いた大地に広がるオリーブの木・・
最初に行ったのはフランス滞在時の3月で、その時南仏に住んでたので、
バルセロナまで列車で5時間ほど、その後バレンシアのお祭り見て、夜行でグラナダ、
この街が最高に気に入りました♪
アルハンブラ宮殿もいいけど、そこまでの道のりの素敵なお家の門扉やタイルに、超感動!!
街中にもタイルがあって・・・
是非是非次回の買い付けにはスペイン製品をと思っています☆

その後バスでコルドバ行って、広がる車窓の景色に感動♪
この街もユダヤが入った白壁の面白い町で、パティオがいっぱいあって、
その後マドリッドからフランスに戻りました。
1週間ほどの旅行でした。

ぴのこ:)

そしてオランダは・・・
2年前の春に行きました。
前回帰国時のアムステルダムだけでいまいちで、
でもこの時は、アムスから列車で数時間の北部の町の農場に泊まって、
そこで北海道みたいな動物が草を食む雄大な景色の中、とても親切にしてもらったハートニコ
その後、世界遺産のキンデルダイクの風車を見て、これまでにない素晴らしい風景に感動しました。
草を食む羊、馬、牛、水路を泳ぐカモたち、白鳥・・・
山のない平地の緑の中、当たり前に広がるこの景色が本当のオランダでした。ひよこ

元々牧歌的な雰囲気が好きで、いずれ八ヶ岳に移住したいと思ってる自分なので、
オランダのこの町に住みたいとさえ思った。
オランダの動物になりたいと思いました。

そのうちこのブログでちゃんとフォトでお見せしたいと思います。
オランダ人はみんなとっても親切です♪

ということで・・・
両方好きだけど、
やっぱオランダかなニコッ


今日は頑張って、朝まで見ますよ〜




| らむ | paris・ヨーロッパ | 00:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Paris回想
私はちょうど10年前の7月4日、1年間の語学留学を終えて帰国しました。
1999年の7月2日、日本を発って、ちょうど1年後2000年の7月2日の便でパリを発ちました。
その日はKLMでアムステルダムまで・・
アムスで1泊して、7月3日の日本便で7月4日に着いたというわけ・・・

もうあれから10年の歳月が・・・
早いものです。。。

最初にパリに行ったのは1994年のクリスマスでした。
ツアーでイタリアからの夜行列車で着いたのはパリのリヨン駅・・・
カフェでの朝食で、フランス人の「un cafe,s'il vous plait」って声が初めてのフランス語だったような気がします。リヨン駅の気温表示は10度、真冬にしては暖かい12月26日朝のパリでした。

それから何度パリにいったことだろう。
旅行で短期留学で、長期留学の帰りの滞在、そしてまた旅行で、そしてこの1月は買い付けで・・・
最初のツアー以来冬の旅行は避けてたので、
冬のパリに行ったこの冬はまさに15年ぶりだった。

私は今も1995年のパリの地図を使っている。
旅行者の目には、パリは何一つ変わっていない気がする。

多分細かくは変わっているんだろうけど、いつも別のカルティエに滞在してるので、
大まかにはいつもパリは同じ風景で迎えてくれる。

パリ、好きだったけど、最近いろいろなヨーロッパを知るたび、嫌いになってくフランス・・
でもフランス語が第二言語の私には、やはりフランス語の点在するパリは知ってる街、わかる街・・・
懐かしさを感じる街・・・

今回は殆どフォトは撮らなかったので、
風景フォトはこれだけしかない。

散策途中のアンバリッド


花屋さん


滞在した15区のメトロの駅の交差点


やっぱりパリは夏がいいよ〜

| らむ | paris・ヨーロッパ | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |